アプローチ方法

  1. ホーム>
  2. アプローチ方法

様々なトレーニング機器・アプローチ方法をご紹介します。



●TOGU ファンクショナルエクササイズ
TOGUは1956年にドイツで誕生し、世界の誰もが認める最もポピュラーな、高品質で安全性の高いトレーニングツールです。 諸外国のオリンピックトレーニングセンターでの導入実績もあり、非常にシンプルなデザインにも関わらず、希望する様々なエクササイズ・パターンに適応することができます。
運動器系疾患・中枢系疾患に対するリハビリテーションやスポーツパフォーマンス向上においては、全身の協調的な動作や、インナーマッスル等のコアユニットを適切に活動させながらトレーニングを行うことが重要です。
TOGUのツールは様々なニーズに対応し、身体機能を理解して活用することで、一人ひとりの運動機能に合わせた活用ができます。

●レッドコード
レッドコードとは、運動器系疾患、神経系疾患に対するリハビリテーションやスポーツアスリートなどに用いられるファンクショナルトレーニングを可能とする機器の名称および治療法のことです。
機能的活動下において、その運動連鎖に参加している筋群の機能が低下している状態を「ウィークリンク」と言います。 ウィークリンクが存在すると、動作・運動効率が低下するだけでなく、痛みの原因にもなります。
ウィークリンクに対応する方法が神経筋活性化『Neurac(ニューラック):Neuromuscular activation』です。
レッドコード機器の特徴である「適度な不安定環境の中で安定する」という状況を利用して、固有受容感覚器に刺激を与え筋の収縮機能を高めることで、効率的な運動連鎖に改善します。

●PNF(固有受容性神経筋促通法)
PNFは1940年代アメリカにおいて、神経生理学者であるKabat医師や理学療法士のKnottらにより神経生理学的原理を基に作られたリハビリテーション手技です。 脳血管障害や脳性麻痺など神経障害が起きると、筋肉と脳神経の連動が弱くなり動作に痛みや違和感が生じ、それらにより生活障害がおこります。
PNFでは、皮膚、筋、関節など体中にある感覚受容器から、熟練したセラピストの徒手による操作によってもたらされる適切な刺激を脳に与えることで、 体の動きを指令する脳神経と神経筋の弱まった結びつきを再び活性化させ、人間が本来持っている運動機能を引き出していきます。
PNFは方法論ではなく運動機能障害に対する考え方を指します。他のトレーニング機器などを併用してより効果的な運動を行うこともできます。
●adidas Functional Training (アディダス ファンクショナルトレーニング)
世界的に有名なスポーツブランドであるアディダスが提唱するもので、健康増進・スポーツパフォーマンスアップなど運動機能の向上を目的としたファンクショナルトレーニングです。
身体を動かすことそのものを楽しみながら行うトレーニングプログラムによって、日常生活やスポーツなどにおける実際の動きを基にトレーニングし、 運動における適正な身体機能の獲得や、持っている身体機能を呼び起こす事を目的としています。
●BFRトレーニング
BFR(Blood Flow Restriction:血流制限)トレーニングは、ベルトで定められた部位の血流制限を行うことで、一般的なトレーニングよりも非常に軽い重量で同等以上の運動効果を得ることができるトレーニング方法です。
その運動効果の守備範囲は広く、怪我や病気のリハビリ、日常の健康増進、ダイエットやエイジングケア、アスリートのトレーニングなどあらゆるニーズに応える有効なトレーニング方法です。
安全性を考えた器具と専門知識を備えたBFRトレーナーの指導により安全かつ効果的に実施することができます。
軽い重量でできるため、関節に負担をかけることなく積極的なトレーニングが実施可能です。
またBFRトレーニングによって分泌する成長ホルモンは、コラーゲンを合成し、肌を綺麗にしたり骨を強くしたり、ケガにおける治癒促進作用もあると言われています。 代謝亢進により誰もが気になるエイジングケア、ダイエットにも最適です。
●アドバンスフットケア
扁平足や外反母趾をはじめ足の悩みは全身の姿勢や歩き方などを診ながら対応することが必要です。
また、膝や腰の痛みなども足の問題により引き起こされていることも少なくありません。
足部機能の回復や向上によって姿勢改善、バランス機能向上を図り、筋肉や関節への負担を減らす「アドバンス フットケア」。
また、インソールは足の骨格を整え、足部が本来持つ機能が働きやすい環境にすることで、ストレスを軽減し、全身の姿勢・バランス改善にも働きかけます。

●フィンソールケアシステム
足から全身を整える。フィンソールケアシステムはフィンランドで発祥し、足の健康のプロとしてポディアトリア(足病学)による足部・全身の総合コンディショニングシステムとして北欧で20年の実績を誇っています。
専門家の評価に基づき、手作業によって作成されるオーダーメイドインソールと、機能改善に向けたエクササイズを効果的に組み合わせ提供する「Finsole Care System」であなたの足の問題解決をサポートします。

また、フィンソール以外にも足部機能を考えたインソールの作成や調整、靴に関するアドバイスも行っています。

フィンソールケアシステム ホームページはこちら

●フォームソティックス
足の専門医が認めたニュージーランド生まれの矯正インソール。
製造元であるFoot Science International社は、35年以上もの長い間、医療用の矯正インソールのトップブランドです。
日本ではあまり馴染みのない、矯正インソール(オルソティック)という商品ですが、先進国では、様々な足の悩みを軽減し、ケガを予防するために医療の専門家に信頼されているツールであり、 日本では約300万人以上に使われています。
Formthoticsは、足と下肢を安定させることで、足や姿勢に関連して発生する痛み、ケガや筋肉の疲労を軽減させ、より早期の回復を促進します。

フォームソティックス ホームページはこちら