コンセプト

  1. ホーム>
  2. コンセプト

"コンディショニング ケア" それは、
「身体が持っているベスト」を引き出すアプローチです。




近年、高齢化だけでなく生活習慣病の増加など健康に不安を持つ方が増えていますが、社会保障費を抑制すべく入院やリハビリなどの実施期間は短縮され、 国の社会保障制度だけでは対応できない状況になっています。

健康意識の高まりと共に様々な運動を行う人が増えていますが、誤ったトレーニングやダイエットによって体を壊す人も増えています。
その背景には、信頼性の低い知識を背景とした民間資格の増加や技能が未熟な指導者による不適切な指導や身体に触れた施術なども危険な要因として挙げられます。

これからの時代の健康づくりにおいて大切なのは、健康寿命に代表される予防医学と共に、病気や障害があることも含めて一人ひとりの体の状態や体力を適切に踏まえた身体づくりです。
また、今後医療機関は必要最低限の治療・リハビリテーションを実施する場所となり、その後についてはセルフケアを中心した体制になっていきます。
しかし、脳卒中をはじめ骨折や変形性関節症などの身体的リハビリにおいては医療機関での実施だけでは期間的に不十分な場合も多く、何をどのように行ったらよいか分からず困られている方が既にたくさんおられるのが実情です。

アール・ケア コンディショニングセンターは、予防医学に基づく理学療法士による健康な体づくりをはじめ、医療機関での治療・リハビリが終了した後のリハビリに取り組むリハビリテーションフィットネス施設です。
また、スポーツや日々の仕事における体のメンテナンスやトレーニング、扁平足・外反母趾をはじめとした足の悩みに応えるフットケアなど、現代の体の悩みと健康づくりに対応するコンディショニングケアを行う専門施設です。